読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とことこまま

双子育児と仕事で日々慌ただしく過ぎ去って行く中で、生まれた想いや感情をキロクしていくブログ。

疲れます

私と同じ、ワーキングマザーとの

会話の中で、

「何だか疲れます」

という言葉がありました。

 

仕事も、ものすごいことをしているわけでもないし

家でも、子供たちにものすごいことをしている訳ではないのに

「疲れます」と。

 

いやいやいや、仕事と家庭と分けて1つ1つ分析して、「他の人と」「比較して」考えたらその数値は高くないかもしれない。

でもあなたの中でそれらを足したら100、もしくはそれ以上こなしています。疲れるのも当然です。

 

または自分の中でものごとをたくさん背負っていて責任を感じていることがあるのかもしれない。

(こうしなくてはいけない、ここまでは母親として、社会人としてやらなきゃいけないなど。)

 

「疲れる。」と感じたときは自分の棚卸しの機会なのかもしれません。

 

推測だけど、そういう時って、本当に自分がやりたいことがやれていない時なんだと思うんです。

 

何が本当にやりたいのか、どうしたいのか、きっとすぐには解決できないことも多いと思うけど、考えるだけ考えて悩んだほうが、次の目標が見えてくる場合があるのかな、と。

目標があると、気持ちは少なくとも前を向くし。

 

あとはとにかく忙しすぎて、身動きが取れなくて身体が疲れている時もある。体調が悪いときも。

 

なんかほんとうに、疲れるときってあるよね。

 

疲れますというメッセージに、ゆっくり受け止める時間もなく、あぁ、何か私に出来ることはないかと、色々と思いが巡ったのでした。

 

ストレングスファインダー結果 私の資質TOP5

年明けに、NECワーキングマザーサロンのサポーターであり

マドレボニータの産後ケアインストラクターのよこちゃんから

教えてもらった

ギャラップ社のストレングスファインダー

www.gallupstrengthscenter.com

 

を受けました。

 

内容は簡単な質問に直感で答えていくというもの。(約25〜30分)

 

そこで出た私の資質TOP5は・・・

 

1 学習欲 Learner

2 着想 Ideation

3 個別化 Individualization

4 達成欲 Achiever

5 収集心 Input

 

でした!

 

 

1番は【学習欲】ということですが。

これは別に頭がすごく良いとか勉強が出来るとかいうことではないみたい笑!ただ学ぶことが苦にならない、むしろ難題に喜びすら感じちゃう。みたいな。 

 

2番の【着想】はその名の通りアイデアを出すのが好き。

 

あー。この2つ。そうだね、私だね。

思い当たるフシがあります。

 

 

私は「考察」が好きなんです。

 

 

学生時代のテストでは「自由に書きなさい。」とか「論文を書け」いうものが大好きで、自由に書きなさいと言われると嬉しくなって、たくさん書いてしまう。(周りは苦手な人が多かった)

 

 

大学時代は英文科で、ある文学書の論文を書くことになったんですが、ストーリーを完全無視して自分だけのオリジナルな結末を考えて提出しちゃったり。

(内容は酷かったけど、オリジナリティがあって良いということで良をもらえた。)

 

人前で話すのは苦手だけど、メールやプレゼン資料なら考えを伝えられる。(言いたいことを考えて組み立ててからでないと伝えられない。)

 

単純作業(たとえば10個ずつ袋にひたすら詰めるみたいなもの)が苦手で間違えたり、眠くなったりしてしまう。

 

振り返ると若い頃は特にこれらの資質をコントロール出来なくて自分が迷走していたような気がします。(いまだにそうだけど、、、)

 

ストレングスファインダーを受けた後、よこちゃんの解説セミナーに参加して、今までにこうやって客観的に自分を解説されることがなかったような気がするので、とっても不思議な気持ちになりました。

 

 

初めまして自分。みたいな。

ていうかあんた誰?みたいな。そういや前からいたよね、あんたたちだったの?みたいな。

えーこれが私〜〜?!ちょっとウザいから向こう行っててよ!みたいな。

人見知りして、意識して、自分自身と無駄に闘ってみたりして。

 

 

ここ最近は、仕事や育児で活かせそうなものは活かしてみようと思えるくらいまで心が落ち着いてきました。それから他の資質を知って人のことも知りたいなと。

 

おそるべしストレングスファインダー

5つの資質を活かせるようになると、自分自身の能力がものすごく発揮できるといいます。

今年はこの5つの資質を上手に活かせるように仲良くなりたいな、と思っています。

 

 

 

 

将来の夢〜3歳

むすめ1

わたしねーおおきくなったら飛行機の運転手さんになるの!

 

むすめ2

わたしはねーおおきくなったら消防士さんになるの!

 

(えーっ!?お花やさんとケーキやさんって言っていた私の幼少期と全然違うな。。。) 

 

むすめ1

あとねー、おおきくなったらお仕事してビール飲むの!

 

 

(…それわたしじゃん。)

察してあげられないし、何なら空気すら読めないけれど

去年はNECワーキングマザーサロンという活動に参画して、その仲間とともに半年間活動をしてきました。

 

仕事以外の仲間と活動するということは非常に刺激的で、集まった仲間がみなそれぞれ色んな業種で得意なこともそれぞれ違い、「わたしたちって良いチームだよねっ!」と確認しあいながら仲良く楽しく過ごしてきました。

 

先日打ち上げを兼ねてメンバーズサロンという、メンバーだけでのサロンを開催したのですが、そこで

 

 

「今までみんなに言い出せなかった」

 

 

ことがみんなの中にそれぞれあったことが分かり、衝撃を受けました。

(私は二日酔いでノンビリした気持ちで聞いていたから、まさに寝耳に水状態)

 

 

出産してから、子どものこと、家のこと、自分のこと、全てが思ったようにいかなくて、いつもイライラしている時期があり、外出すらままならなくて、そのイライラを夫に対して「察してよ」「分かってよ」とオーラを出しまくっていたけど通じず、辛い想いをしたことがあった。

 

 

そんな自分が逆の立場になっていたとは。みんなの気持ち、全く察してあげられてなかったし、何なら空気すら読めていないことに愕然。

 

 

けれど。

 

 

こうやって『ここで、このメンバーで話せた』ってことはすごいことで、

「ようやく仲間になれた」という感覚が自分の中に浮かんできたので、それを泣きそうになりながら伝えました。

 

 

最初から、この人はこういう人だ。と何となく無意識に決めつけたり、わたしたちって良いチームだよね、って決めてしまって何となくそうしなきゃ、っていうところがあったかもね。 

 

ほらわたしたちって真面目だから。

 

人と人って難しいし、奥深いし、面白い。

 

これからがスタート。

本当の仲間はこんな感じで出来ていくんですね。

 

 

3歳双子育児「これがやりたぁーい!」と「人の言うことを聞きなさぁーい!」のハザマで

ある日のこと。

 

ある幼児教室での話です。

いつも2人も私も楽しんで参加させてもらっている教室なのですが、

その日はとりあえず私が仕事での疲れがたまっていて(←ここポイント)

フーッとりあえず、むすめズを連れてきたぜ!という感じで、教室によっこらせーと連れて行きました。

放たれたむずめズは大はしゃぎであれやりたいこれやりたい!!とドタバタ。

先生はそれでは始めますので話を聞いてくださーいと。

むすめズはやだ~ッ!あれが良い~!っと勝手に動く動く・・・

先生はちょっと待って今日はこれやらないよ。と。

むすめズはヤダ~っ!じゃあもうやらない!帰るッ!と先生ヤダッ!と怒った顔でプイッ

 

 

さて親が取る行為は。

 

 

マニュアルだったら、〇〇ちゃんはこれがやりたいんだね。もう一人ちゃんはこれがやりたいんだよね!でも先生は今日これをやるんだって。じゃあどうしたらいいのかな?

一緒に考えてみようか。ニコッ

 

とかやってらんないよね!!!

 

疲れた私は、コラーーー!!先生の言うことを聞きなさ~い!

先生にそんな態度を取るんじゃありません。ダメッこっちに戻ってきなさい!!

 

むすめ1はギャァ~~ッと泣き出し、それを見たむすめ2むすめ1をかばって、あゆ!もうこっちに来ないで!ガオーッと反撃!

わたしは違う!むすめ1が悪いことをしたから怒ってるんだ、と。むすめ2がそれに対し、あゆが悪い、あゆが怒っているのが悪い!と。 

それを見て先生は今日は二人とも疲れちゃったのかな~とぽつり。

 

 

 

なかなかのカオスでした。

 

 

 

帰り道とぼとぼ・・・。何でこんなことになっちゃったのかな。とボヤくと

「だって、あゆ怒るんだもん。」「わたしたちこれがやりたかったんだもん」

 

そうだよねー。わかるよ。君たちが何をやりたくて、何で嫌だって言って怒るのかも。

でもさ、先生は今日君たちが楽しめるように色々考えて来てくれて、やろうって

言ってくれたんだよね。

先生にヤダーッって怒っちゃだめだよね。あゆ悲しくなって(疲れてたし)怒っちゃったよ。もうやらないでね。と言ったら

 

「うん」

 

だって。

 

 

人間だから、ときに感情と感情のぶつかり合いが起こるものですよ。

 

ほんとうはね、3歳だし、自分の主張が思いっきり出ている時期だから、やりたいようにやれば良いって思ってる。でも人との関わりの中で、そうもいかない場面が出てきています。騒ぐと二人分で、本当にうるさくて迷惑になるし。

 

コラ~ッ!で終わらすのは簡単だけど、一番通用しないって思う。

 

もっと言い方を工夫したり、今日は何をするのか、何のためにやるのか、何をしてはいけないのか、事前にしっかり伝えてから行くことも出来たはず。私の一工夫で皆楽しい時間にすることができた。

じっくり粘って何度も伝えていこう。

もういいや、次がんばろ~!

という反省の日でした。

 

 

男もすなる日記というものを女もしてみむとてするなり。

ブログはじめました。

初めまして。3歳一卵性双子(女)の母でワーキングマザーのあゆちゃんです。

 

日々慌ただしく、わーっと過ぎ去ってしまうので、今年はブログという形で残すことに挑戦してみようと思い、書き始めてみることにしました。

 

また、今年初めてストレングスファインダー診断を受け、自分の5つの資質を知ったことで余計に自分の考えや行動パターンをきちんと把握したい!と思ったのが2つ目の動機です。

 

思ったことを書きたい時に更新していく予定です。

 

どうぞよろしくお願いします。